T aiwan  台湾  
   Ilha Formosa !

台湾 花蓮→台北→花蓮

麗しの島
 
home  Home
Prologue
準備
前日
新幹線ははえーなー
台北→淡水→基隆
基隆→宜蘭
宜蘭→蘇澳→花蓮
花蓮→太魯閣→花蓮
花蓮→台北→花蓮
花蓮→石梯坪
石梯坪→北回歸線→台東
台東→達仁→恆春
恆春→台灣極南→高雄
高雄→新營
新營→斗六→二水
二水→日月潭→埔里
埔里→台中
台中→新竹
新竹→湖口老街→台北
台北市内→101→電脳街
台北→新北投
台北市内→西門
台湾→福岡→鹿児島
Epilogue

掲示板(BBS)
みんなの部屋(BBS)

Mail
mail おうえんメール

Link
台湾ナビ
中華民国交通部観光局
台湾中央氣象局
旅行のとも,台湾地図
Yahoo 台湾
台湾MAP

  Taiwan
  Ilha Formosa !
    BBS  

花蓮→台北→花蓮  6日目 Jan, 29, 2008 
天       気  雨    気       温  18゚C-23゚C 
出発時刻  10:10    到着時刻  12:40 

大変な一日が始まった。

 5:30起床。
 朝のルーティンワークを済ませ、人気のない街をブラブラ。
 賑やかだった夜の花蓮も流石に朝は静かだ。
 街のあちこちにあるコンビニを見ていると、日本にいるような錯覚を覚える。

 ATM でカードが使えるかトライしてみるが、やっぱり使えそうにない。
 完全にカードが使えない事を確信した。(^^;
 念のためと近くの銀行が開くのを待って試し、行員に訳を話してみるが使えないとのこと。
 別の銀行でも試したがやっぱり使えない。
 どうすりゃいいんだ~。 野垂れ死か?
 台湾に20日間もいる予定で、飛行機の変更は出来ないし......。
 取りあえず腹が減ったので昨日人が沢山並んでいた人気の店で、他の人が食べているのをくださいとジェスチャをする。
 小籠包とスープだ。(^^)
 ......、小籠包だったのか、それくらい言えるわぃ。(^^;
 一つ口に入れてかんだ瞬間に中から出汁の利いたスープで口が一杯になる。(^^) 台湾に来て初めて小籠包を食べたような気がした。
 ん~、おいしい。(^^)

 さて、カードが使えないことは解った。 これからどうするか。
 まず、三井住友銀行でもらったガイドを読むと台湾の連絡先が書いてあった。
 その連絡先は台北の JTB 支社で三井住友銀行から委託されているみたい。 大旅社から電話を入れてみると丁寧に案内してくれた。
 取りあえず台北に行かなくてはならなくなった。
 お金は数千元あったので迷わず台北へいく事にした。
 大旅社のおばさんは心配してくれて申し訳なかった。(^^; 自転車は預かって貰って、隣のバスターミナルから花蓮車站行きのバスに乗る。
 ......、なんか、当たり前のようにバスに乗ったり電車に乗ったりしているが、鹿児島ではバスや電車に乗ることはないのである。
 なので、いつもドキドキしながら乗っている。(^^;

 バスは花蓮車站着き、車站で台北までのチケットを買い、列車に乗り込む。
 花蓮10:10分発
 台北12:40分着
 座席指定だったので、自分の席を探すが見あたらない。 ちゅうか、僕の座席に女の人が座っているのだ。
 で、チケットを見ながらキョロキョロしていると声を掛けてくれた人がいたのだが、日本語で話すと何か言っていたが全然わからない。
 すると、すぐ近くの人が日本語で話しかけてくれて、僕の座席に座っている人に退きなさいと言っていたみたいで、女の人は誤りもせず、すっといなくなった。
 イスに座ると生暖かった。(^^;(^^;
 で、その日本語を喋るじいさんは日本教育を受けたらしく、若い頃に受けた日本教育の先生を訪ねに鹿児島に行ったことなど話してくれた。
 昭和2年生まれだそうで、住まいは台北で花蓮には友達に会いに来たのだと言う。

 後で知ったが、鹿児島には日本教育を指導した人が多いらしい。

 本当は列車の窓から見える風景を楽しみたかったのだが、僕の指定席は山側だった。
 それでもたまに見える風景は日本のものと全く変わりないような気がした。 これは僕が鹿児島に住んでいるからで、都会の人ならきっと素晴らしく感じるに違いない。
 海の色は紺碧だ。 きっと黒潮のせいだろう。 この車窓から 100km 先は与那国島のはず。 あ~、ここら辺りの海岸線を走りたかったなぁ~。 またいつか必ずこよう。

 列車は台北に近づき街の景色が多くなる。 建物の造りが何か違うよなぁ。 色遣いも......。 で、なんだかごちゃごちゃしている。(^^;
 で、そのごちゃごちゃの中に入っていくと面白いんだよなぁ、台湾ってところは。
 台北車站に着いた。 日本語を喋るじいさんはどこから出るか解るか? と聞くので、はい、大丈夫です。 ありがとうございましたと言って、別れた。
 それから、MRT に乗り換えて中山車站で降りる。
 え~、ここは中山じゃないか。 歩きでも近いじゃん。 JTB 支社のおねいちゃんに言わたので乗ったのだった。(^^;
 そもそも、さっきも書いたがバスとか電車とか地下鉄とか、全然乗らないので全く解らないのである。 東京に行ったらもうそこら辺の人に聞きまくりである。(^^; 鹿児島弁で。(^^;

 さて、Grand Formosa Regent Hotel を探さねばならない。 えっと、MRT中山站の近くの三越の入り口にタクシーの案内をする人がいたので、そのお兄ちゃんに聞いてみると、まったく解らないような感じだった。 なんどもなんども、Grand Formosa Regent Hotel と、聞くのだが全然通じていないみたい。
 けっ、よく案内が務まるなっ。 とか、思わなかったが、後で解ったことは、英語名ではなく国光大飯店と言わないと解らないらしい。(^^; なんのこっちゃ、通じないなら英語名をつけんじゃねぇよ!

 でもまぁ、なんとかかんとか国光大飯店 Grand Formosa Regent Hotel にたどり着き、JTB 支社のおねいちゃん会いに行った。 ん? 何しに来たんじゃ?
 国光大飯店 Grand Formosa Regent Hotel の裏口と言うか横口と言うか、そこから地階に行くと、日本人の観光客と言うか、ツアーかな? 何やらおみやげを買わされるというか、ま、コースに入っているんだろうな、そんなおばちゃん達の日本語が飛び交っていた。
 僕はトイレを探し、用をすましJTB 支社を探しだし、事情をもう一度話した。

 カードは間違った暗証番号が3度続くと無効になるらしく、その場合、カラのカードを発行し、その口座に日本の誰かから振り込んで貰うしかないそうです。 と、JTB 支社のおねいちゃんは手際よく説明してくれた
 すでに厳重に包装されたカードは準備してあり、手続きに沿ってそのカードを借りた。
 が、僕は誰にも言わずに台湾に来てしまったのだ。(^^; どうしよう。(^^; しかも、最悪なことに、携帯は使うことがないと思って、と言うかこっちでは使えない機種だったので、持ってこなかったのである。(^^; 誰に振り込んで貰えばいいのだ。 連絡もつかないというのに......。(^^; あ~、最悪。

どうしよう。 どうしよう。 どうしよう。(^^;

 台湾で野垂れ死か?
 あ~、神様、仏様、どうかお導きください。(^^;(^^;(^^;
 普段、宗教には全く興味がないのにこんな時だけ神頼みとは日本人の悪い癖である。(^^;

 友達にたのむしかないな、けど、どうやって連絡するか? あ~、インターネットで調べりゃいいじゃん。(^^) と言うことで、JTB 支社のおねいちゃんにインターネットを使わせてくれと言うと、フロントの横で使えますよと教えてくれたので、フロントの横のパソコンの所に行ってみた。

 中国語のパソコンである。(^^;

 ......、うりゃ! とか言っても日本語にはならない。 くそ~。(^^;
 うりゃ、と、隣のパソコンのキーボードは日本語だった。(^^;(^^;
 インターネットで友達のHPを検索し電話番号を調べる事が出来たが、この友達には借りたくないなぁ。 でも、取りあえず電話して、友達の携帯の番号を聞く事にした。 で、連絡がつき、友達に事情を話し10万円を振り込んでと言うと、万が一があるから20万円振り込むという。 万が一ってなんよ? でもまぁあっさりと貸してくれた。(^^;
 ありがたいね、友達って。(^^)

 口座番号などを伝え、後はカードで降ろすだけ。v(^^) 楽勝楽勝

テレフォンカード  で、このときに役に立ったのが例のテレフォンカードである。v(^^) え~、画像画像。 ホイッと。
 見よ! このだささ。 あまり人に見られたくないのだ。
 しかし、この後もこの寅さんにはお世話になるのだ。(^^; ふん、だっさ。*^_^*

 ところで、お金を使えるのは明日らしい。(^^;
 え~、なんで? 

 時間の問題らしい。(^^;

 はぁ、台北車站までトボトボと歩いて帰り、とりあえず、花蓮に向かう列車でこれを書いているわけで、チケットには......。
臺北→花蓮チケット 97.01.29
臺湾鐵路局
莒光
49次
15:54
19:39到
臺北→花蓮
 車 22 號
票賈 343元
 とか、書いてある。 號ってなんよ。(^^; はん? 裏は寅さんか?(ーー;

 さて、これからどうするか......。
 花蓮に着いてから考えよう。

 そそ、台北へ行くときは曇りで、台北は晴れで凄く暑かった。
 タンクトップで十分だ。

花蓮地図  花蓮に着いてバスに乗ろうと思ったが、金龍大旅社まではどのバスに乗って良いのか解らなかったので、遠かったが金龍大旅社までテクテクと歩く。
 雨がシトシト降るが道路沿いにはひさしというか、アーケードと言うか建物が屋根になっている。
 通路とそうでない2つの通りになっているので雨を避けながら歩くことができる。
 なんか、雨ばっか。 はぁ~、薄暗い街を歩けばため息ばかり。 はぁ~。 はぁ~。
 話は変わるが、僕が持っている地図はでっかい地図と、この画像の地球の歩きかたの本に載っている地図だけだったりする。 よくこんな小さな地図であちこち行けたものだ。

 途中セブンイレブンで Beer 4本とポカリとおにぎりを買い大旅社へ向かう。

 大旅社ではおばさんに説明して会話を交わし、......、説明して会話を交わしっておかしいよな。(^^; 買った Beer とおにぎりを食べる。
 おばさんがお金は明日でいいので泊まっても良いよと言ってくれる。
 ここのおばちゃんはホントに優しい人だ。(^^)
 でも、明日、お金が確実に手元にないかもしれないで断るが、申し訳ないくらいに泊まっていいと言ってくれた。
 これまでも親切にして貰っているし、これ以上甘えるわけに行かないので丁寧に断る。
 それでも、親切にしてくれる。(;;)

 そんな時におばさんの妹さんがアメリカから帰ってきて排骨麺を持ってきてくれて、その一つを僕にくれると言う。
 一応断ったが、聞き入れそうにない感じだったので、ごちそうになる。(^^;

 排骨麺! 最初にこの文字を目にしたときにはいったい何だろうと思った。 排骨麺。 排骨の排は排便の排。(^^; そう考えてしまったので、どうも食べようという気がしなかったのだ。(^^; で、今になって解ったのだが、骨から取り出したスープというような意味らしい。(^^;

 ん~、とってもおいしい。(^^)
 そして、おばちゃんは再度泊まって行けと言うが手元に現金がない以上泊まるわけにいかないので、さらに断った。
 そして、隣のバスターミナルの軒下で一夜を明かすことを覚悟する。

 隣のバスターミナルは長いすが3つ並んでいて、一番後ろの席の、ちょうど金龍大旅社を背中にする格好で入り口に近い所に座った。
 これから時間が長いけど、ま、いっか。
 30分程して、おばさんが様子をみにきてくれて泊まって行けと言うが、本当に気持ちだけでありがたかったので丁寧に断り精一杯のカラ元気を出して見せた。(^^;

とりあえずここで野宿。

 そう言えば、友達に電話したときにお金は明日使えるようになると聞いて、野宿だなぁとか、言うと、たまには良いんじゃねぇのって言われたが、ま、日本なら寒いのでアウトだが花蓮はそんんな事もないので、ふ、って笑い飛ばしたっけ。(^^;
 そうそう、台湾の、ここ花蓮は治安は凄くいいと思う。
 ところがこのバス停、蚊が多くて落ち着かないし、若い連中やじじいがいてうるさいので、昨日行った焼鳥屋に行った。
 泊まれるくらいのお金はあるし、これから台北に行くくらいの金は残してある。 これを使うといけないわけで、もし、使い切ったら野垂れ死だ、そして、野犬に食われるのだ。(;;)(;;)(;;) カナピー

 焼鳥屋では日本語を喋れるおじさんがいたが 23:00時で帰ると言っていたので、その時間まで相手して貰っているとの女の人が現れたのだが、台湾人ではない感じ。 「びなん」「びなん」とか言っている。 はぁ、「びなん?」「痔なん?」(^^; 「ぺなん?」あ、もう全然解らない。(^^;
 紙に書いて貰うと「越南」だったかな?余計解らなくなってきた。(^^; 「越南」えつなん、と読むのか? ......、ねぇ、英語で書いて。 Vietnam ゔゔゔぃえとなん? あぁ~あ、ベトナムね。(^^;
 へぇ~、ベトナムね。 で、ベトナムが何ですか? あ、ベトナムの人ね。 ......、もう訳がわからんかったのだけど、ベトナムからの移民らしく、カラオケ屋をやっているのだけど、お父さんが病気らしく、大変らしい。(^^;
 ふ~ん。 と言うしかなかった。(^^;
 他にもいろいろな人が集まってきて、台湾一周をしていると説明すると驚いていた。
 何故か少し離れたところから見ている若者がいて興味深げにこちらを見ていた。 異常なくらいにニコニコしてこちらを見ている。 こちらもニコニコしないと何かされそうな感じだった。(^^;

 そして、日本語を喋れるおじさんに、これから南に行くけど、ここらの道路の起伏とか、何処が良い所かとかを聞いてみると「豊濱」と書いてくれて、ここが良いという。 とよはま? 「ふぉんぴん」って聞こえた。 豊作の「ほう」ね、それに「ひん」か、あ、基本的に音読みね。(^^;
 なるほど、「豊濱」がいいんだ。 じゃ、明日そこへ行こう。(^^)
 と、こんな話をしていると、あっという間に時間が来て「いつかまたくる」と言ってそこを去った。
 正確に言うと、何故か......、

I'll be back!

 と言ってしまったのである。
 ......、英語を話せない、台湾人とベトナム人に向かってである。(ーー; (こんな恥ずかしい日本人はみたことない。)

 バス停に戻るとさっきの人達がいて騒がしくしているとホテルのおばさんが心配して見に来てくれた。 本当に優しい人だ。
 僕も素直に甘えればいいのに現金が振り込まれていなければ支払いが出来ないので泊まるわけにいかないのだ。

 しかし、蚊が凄い。
 いつの間にか人はいなくなったが、これでは眠れない。
 任天堂のDSLを持っていたのでLANの漏れているところを探しに、町中を徘徊しまくった。 で、無線が漏れていた所はMacだったので、いろいろと試行錯誤するがなかなか繋がらない。 その近くからも漏れていたがWEPの掛かっている所は当然、WEPの掛かっていない所も繋がらない。
 たぶんMACアドレス限定にしていると思う。
 WEPは暗号化されているのでアクセス速度が少し落ちるし、ハックされる危険性もある。
 MACアドレス限定は進入は出来ないし速度もそのままだ、流石賢い。
 実は僕もその方法をとっていたりする。

 しかし、MacでMacアドレス限定かよ。(^^;
 そんなこんなで使えるアクセスポイントが無かったのでトボトボとバス停に戻る。 3:30

 今日は眠れないだろな......。

 結局、眠れなくてずっと起きていた。


home Home   Page Top Page Top



 
  Copyright © 2008 -   SAVOY. All Rights Reserved.